アンチエイジング用の施術|刺激から肌を守って目の下のたるみを改善させよう

刺激から肌を守って目の下のたるみを改善させよう

アンチエイジング用の施術

カウンセリング

部位や効果で選ぶ

顔のたるみを改善したい時には整形による治療が効果的ですが、選ぶ時にはどの部分に対して行うのかや効果の現れ方を確認すると上手くいきます。顔のたるみと一口に言っても、現れる場所は実に様々です。目の下や目の上、額、こめかみ、頬、首をチェックすれば大体はカバーできますので、これらの部位でどこのたるみが酷いのかを考えてみます。実際の治療では、メスを使って切る施術や糸で引き上げる施術、レーザー等の照射で引き締める施術、ヒアルロン酸等の注入による施術という風に色々あります。行う場所によっては合わない施術もありますし、期待していたような効果が得られないケースもありますので、症状に合った方法で治療を行うことが大切です。

施術ごとの特徴を知る

顔のたるみを整形治療で改善したいのなら、それぞれの施術の特徴について深く理解しなければなりません。特にメスを使うような施術は体への負担やダウンタイムについても考慮しなければなりませんので、詳細を知る必要があります。メスを使う施術では皮膚を切って引き上げますので効果は非常に高いのですが、傷が残ってしまうリスクもあります。額やこめかみの場合には、髪の毛の生えている部分を切ることで目立たないようにするケースもあります。顔のたるみを糸で引き上げる施術のうち切らない方法は影響が少ないのですが、効果も小さめです。負担の小さい方法同士を比較すると、ヒアルロン酸の注入は効果が高めでレーザーは低めです。どちらも料金はリーズナブルです。